香りの効果でリフレッシュ

,

気分転換の方法としておすすめしたいのが、ズバリ「香り」です。
鼻から脳へと伝わった香りは、脳にも変化をもたらすといわれています。

たとえば、仕事で疲れて少し暗い気持ちになっている時には、オレンジやレモン、グレープフルーツなどの柑橘系のアロマを使うとよいでしょう。
これらの柑橘系の香りには、どんよりとした気持ちを明るくし、リフレッシュさせてくれる効果があります。

なんとなく神経が高ぶっている時には、リラックス効果のあるラベンダーの香りがおすすめです。
女性は生理前になると特にストレスを感じやすくなりますが、そんな女性特有の症状にはクラリセージやゼラニウムが強い味方になってくれます。

アロマは自宅でアロマポットやアロマディフュザーで使用するのもいいですが、ハンカチなどに数滴垂らせば、職場でも気軽にアロマの香りを楽しむことができます。
仕事の休憩時間などに、アロマの香りに癒されてみてはいかかでしょうか。

2つ目の気分転換方法は、空を見上げることです。
空を見上げたら、なんとなくモヤモヤした気分も晴れるような気がするでしょう。

空を見上げると自然と太陽の光も浴びることができますが、実はこの太陽の光にはすごい効果があるのです。
太陽の光を浴びると、脳内で精神を安定させてくれるセロトニンという物質がどんどん分泌されるので、おだやかな気持ちにしてくれます。
ランチタイムはなるべく窓際で過ごすようにするだけでも、効果を得ることができるでしょう。