他人が喜ぶことを優先させる

,

介護現場で働きたいと考えてきて職場に出てきた人は仕事によるストレス対策を考える上で注意しなければならない点があります。

気分転換をして仕事のストレスを発散することは、どの職種でも、また、どの職場でも必要になるでしょう。
自分に合った気分転換の方法を見つけることが大切です。

たとえば、介護業界で働く女性にとって、介護を行うのは楽しみや喜びにつながることが多いでしょう。
もともと女性には母性本能があって、介護のように人のために何かをするのに対して喜びを覚える気持ちが備わっている場合がよくあるからです。

ストレス対策のために何かをするというときには、一般的には自分がやりたいことをして自分を喜ばせるのが基本でしょう。
しかし、介護を仕事として選んだ人の場合にはそれよりも良い方法がある場合もあります。
自分がやりたいことをするよりも、他人が喜ぶことをした方が気分転換になる人も多いのです。
特に身近な人に喜んでもらえたり、感謝されたりするようなことに時間を費やすとそれだけで十分に気持ちが晴れる人もいます。

ストレスに苛まれてしまったときに必ずしも自分を喜ばせるのが良策であるとは限りません。
自分の喜びと他人の喜びを比較して、どちらが自分にとって望ましいかを考えてみましょう。
その結果として他人に何かをする方が望ましいと感じたらその方針に従って気分転換の方法を考えるのが得策です。
介護を仕事にしようとしている人は、一度ストレス対策の方法をじっくり考えてみた方が良いでしょう。